有効な働き

売り上げアップ

血液をサラサラにし、高血圧を防いで健康な体を維持するためには、常日頃から適度な運動を心がけ、消費エネルギーを増やす工夫をしましょう。 ファイトケミカルは、植物が身を守るために、作り出した化学物質です。野菜や果物などに含まれ、馴染みのあるポリフェノールやカロテノイドがその一種で、血液サラサラ効果が期待されています。 塩分を多く取ると、血液中のナトリウム濃度が高くなり、水分が欲しくなります。水分量が増すと、血液の量も増加し、血圧が上昇します。もし血液がどろどろの状態であるなら、脳卒中や心筋梗塞などの、命に係わる病気を招いてしまいます。 食物だけでは補いきれない栄養素を、サプリメントで補給しましょう。摂取するさいは取りすぎに注意することが重要です。栄養バランスのとれた、食生活をこころがけましょう。

カカオポリフェノールは、強い抗酸化作用があり、動脈硬化を抑制し、血液サラサラ効果で、抗がん作用が期待され注目されています。 エビやカニに含まれる、赤い色素であるアスタキサンチンは、抗酸化作用が強く血液中のコレステロールの酸化を防ぎ、血液サラサラと動脈硬化を予防する働きがあります。また、ファイトケミカルの一種である、フラバンジェノールは、血栓を予防し血液サラサラ効果と、動脈硬化を防ぎます。 高血圧の人の食塩摂取量は、一日6gとされています。血圧を低下させる働きとして、カリウムの摂取もすすめられています。カリウムは体内のナトリウムバランスを調整し、余分なナトリウムを体外に排出してくれます。これらは体を守る物質として、有意義な働きをしています。